· 

35年前、ミネグリーンと出会っていなかったら

栃木県大田原市の吉成農園代表、吉成邦和さんにお話をうかがいました。

 

吉成農園では堆肥とミネラルを中心とした低農薬の農法を実践し、約35年前から「ミネグリーン」を使っておられます。

吉成農園といえば人参が有名で、その美味しさから東京や那須のレストランなど全国から直接注文がくるほど。テレビでも取り上げられたこともあるそうです。また地元の学校給食や直売所、スーパーにも展開し好評を得ています。

 

研究熱心な吉成さんは過去に様々な農法を試してきました。

そして35年前、雑誌「現代農業」で読んだ記事をきっかけに

天然ミネラル豊富な土壌改良材「ミネグリーン」と出会ったそうです。

 

以来35年間、ずっと「ミネグリーン」をご愛顧いただいております。

 

「ミネグリーンと出会っていなかったら、今日の農業はなかった」

 

そう断言する吉成さんの姿は「良い作物を作っている」という自信に満ち溢れていました。

吉成農園の人参は甘みがつよく色艶も良い。生食でもエグみがなく美味しい。

何を使っているの?と聞かれる

私の作物を食べた人は、その味の美味しさに驚かれます。そして「何を使ったらこんな風になるの?」と。そこで私は農薬や化学肥料ではなく貝化石のミネラルである「ミネグリーン」と使っていると種明かしします。最初は半信半疑だった人も、畑を見て納得。葉っぱは青々と茂り、病害虫が少ない。私の周りでは「ミネグリーン」の愛用者が徐々に増えています。

 

 

 

 

 

 

(吉成さん 談)

 


オールマイティに効果を実感

吉成農園では、田畑輪換で作物を育てています。同じ場所で米、野菜を1年ごとに換えて植え付けていて、連作はしていません。収穫後に野菜や米のくずなどを畑に漉き込み「ミネグリーン」を撒いて次の年に備えます。すると化学肥料を使わず、美味しい作物がたくさん採れます。農薬も最小限に抑えられます。今のところ、「ミネグリーン」はどんな作物にも効果が実感できます。

 

(吉成さん 談)

画像は人参の収穫の様子です。吉成農園では米、じゃがいも、ブロッコリー、人参、茄子などを田畑輪換で栽培しています。


米袋のデザインに

吉成農園のお米は、特注の米袋で販売されています。この米袋に、ミネグリーンのことが明記してありました。


 「農業は農道、農の道に終わりは無い。日々出会いがあり勉強の毎日。」

そうおっしゃっていた吉成さん。試行錯誤の上出会った「ミネグリーン」に心底惚れ込み、信頼されている印象を受けました。お土産に頂いた人参、今まで食べたことがないくらい甘くてみずみずしくて美味しかったです。本当にありがとうございました。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    田村欽一 (水曜日, 06 3月 2019 16:17)

    みますやで吉成さんのお米や野菜を買っていたのに( みますや)が閉店に なるので困っています どこに行けば購入出来るか 教えてください
    メール tamuratsuneko@gmail.com

  • #2

    吉成農園 吉成邦和 (木曜日, 21 3月 2019 21:15)

    いつもお買いあげありがとう御座います。連絡さきはこちらにお願いします。09072662130